Home
schedule
report
rijikai

mail
2020年9月13日(日)オンライン開催
研究大会(研究発表+第149回例会)
令和2年9月13日(日)オンラインにおいて研究大会(研究発表+第149回例会)が開催されました。研究発表・例会の内容は2020年11月頃に発行される機関誌に掲載されます。

研究発表

児嶋輝美 /佐藤くみ・奧村早苗・當山通子・鈴木明子 /古川和代・森智香子 /大里修二


2020年度研究大会は、初のオンラインでのリモートで開催。全国の会員の方々から参加申し込みがあり、参加人数も予想を上回り、盛況な研究大会となりました。
午前に行われた研究発表は、後藤紀子氏の司会進行により、会員による4つの発表が行われました。

児嶋輝美
 『インターネットによる手遊び歌の伝承について』
佐藤くみ 氏・奧村早苗 氏・當山通子 氏・鈴木明子
 『保育者養成校でのピアノ指導〜遠隔授業の実践』
古川和代 氏・森智香子
 『学生の歌唱表現を引き出すための取り組みー保育者養成校においてー』
大里修二
 『人類史からみた幼児と音楽』


第149回例会「幼児の音・音楽の世界を研究する」

講師:水﨑 誠 氏


午後に行われた第149回例会は、当会の理事でもある、水崎誠氏が「幼児の音・音楽の世界を研究する」というテーマで講義を行いました。

専門機材を使用して子どもたちの歌声の録音、分析を行っている水崎氏の研究は、採集した音声データーを数字、グラフで表し、音を視覚的に捉えられるため、わかりやすく、現場で保育を行っている会員にも、多くの発見がありました。また、収録機器や音声分析に使用するソフトの紹介などもあり、現場と研究を近づけてくれるものでした。オンラインということで、パソコン画面での視聴だったため、細かいグラフも見やすく、学びの深い例会となりました。

今回はZoomを使用しての初のオンラインということで、参加を申し込んでくださった会員のみなさまと事務局で、事前にメールでURLのやりとりをいたしましたが、こちらから送信したメールが、迷惑メールやゴミ箱に直行してしまうというケースもありご迷惑をおかけしました。
次回もオンラインでの開催が決まっていますが、スムーズな伝達ができるよう努めてまいります。

例会概要
音楽は「聴く」ものですが、論文は「読む」ものです。音楽の研究者には、音楽を文字・数・図などの「読むデータ」にあらわすことが求められます。幼児が生み出す音楽を、どのような方法で「読むデータ」にすれば良いのでしょうか?
私は、「幼児の音・音楽の世界」に魅了され、15年以上にわたり研究を続けていますが、上記の「研究方法」については今も課題になっています。私は、保育現場で収集した幼児の歌声などを、文字だけではなく、音声・動画ソフトによる画像であらわしています。今回は、「研究方法」に焦点をあてて、私の研究を紹介しながら、参加者の皆さんと幼児の音・音楽の世界を「研究する」時間にしたいと考えています。

■ 講師プロフィール
水﨑 誠 氏(東京学芸大学)
広島大学大学院教育学研究科文化教育開発専攻(音楽文化教育学分野)博士課程後期修了。博士(教育学)。北海道教育大学函館校講師、准教授を経て、現在、東京学芸大学教育学講座幼児教育学分野准教授。専門は、幼児音楽教育。現在は、『幼児の音楽的モチベーションを高める表現遊び指導法の開発』(令和2-4年度学術研究助成基金助成金・基盤研究(C)課題番号20K02849)に基づき、音楽的モチベーション(Musical motivation)を中心に研究を進めている。

著書 
『最新・幼児の音楽教育-幼児教育教員・保育士養成のための音楽的表現の指導-』(共著、朝日出版社、2018)、『改訂4版 幼児の音楽教育法-美しい歌声をめざして-』(共著、ふくろう出版、2019)