Home
schedule
schedule
rijikai

お問合せフォーム
年会費のお支払い・オンライン払い受付
入会案内
facebookグループ
開催予定 例会・研究大会・総会スケジュール YOU-ON-KEN

2022年度の例会・研究大会開催予定

研究大会(研究発表+第157回例会)
例会:子どもの感性と表現「音をあそぶ・音にあそぶ」
講師:吉永 早苗 氏(東京家政学院大学)


子どもが音を遊び、音に遊ぶ世界は、大人の想像を超えています。
子どもの音感受の具体的な姿を皆さまと共有し、音を遊び、音に遊ぶ表現活動の広がり、豊かな音楽表現へのつながりを考えたいと思います。

 日時 :2022年9月11日(日)
 場所 :オンラインでの開催(Zoomミーティング)
 研究発表 :10:20〜
 例会 :13:30〜
 会費 :会員&学生 1,000円 / 一般 2,000円
     「会費のお支払い申込みフォーム」より事前にお支払いください。

参加申込は締め切りました。参加ご希望の方はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

研究発表
▽開会のあいさつ(10:20~)
▽大里修二「エキゾチックな量子・保育 オリエンタルな量子・保育-古典力学と量子力学-」(10:30~)
▽丹下聡子「実践報告『サウンドスケープで音楽あそび』」(11:00~)
▽赤嶺絵吏子「絵本を活用したリトミックによる音楽あそびの開発」(11:30~)
▽當銀玲子「豊かな感性と表現する力を育むための援助のあり方~音を楽しむ活動から~」(12:00~)
▽休憩(12:30~)※例会は13:30より

例会概要
「この色は、この音!」「同じ緑色でも濃さが違うと音が違うね!」これらは、色水の入ったペットボトルをピアノの周りに持ち込み、ピアノの音と色水とを合わせ遊ぶ子どもたちの会話です。

「蝉の鳴き声は鬱陶しいけど、風鈴の音は耳が気持ちよくなる!」と言うのは、夏の日の午後の子どものつぶやきです。音を感受し、それを言葉で表現したり新しい遊びを生み出したり。音から「いのち」の存在に気づくこともありますね。子どもが音を遊び、音に遊ぶ世界は、大人の想像を超えています。

当日は、こうした子どもの音感受の具体的な姿を皆さまと共有し、音を遊び、音に遊ぶ表現活動の広がり、豊かな音楽表現へのつながりを考えたいと思います。

例会講師プロフィール
吉永 早苗
ノートルダム清心女子大学、岡山県立大学を経て、現在東京家政学院大学教授・副学長。教育学修士(音楽)、博士(子ども学)。

▽著書
単著に、『子どもの音感受の世界』萌文書林(2016)、『音からひろがる子どもの世界』ぎょうせい(2021)。
共著は、『共感覚から見えるものーアートと科学を彩る五感の世界』勉誠出版(2016)、『事例で学ぶ保育内容 領域 表現』萌文書林(2018)、『保育内容「表現」』ミネルヴァ書房(2019)、『保育専門職と保育実践-保育実習/保育内容の理解と実践』 全国社会福祉協議会 (2019)等。近年は、JMOOC『子どものこころの栄養からだの栄養』(2022共著)、IMETS Web『子どもの音感受の世界とその表現』(2021単著)等のe-learning教材も制作している。

第158回例会:オンライン開催
音を味わう絵本

講師:仲本 美央 氏(白梅学園大学)
日時:2022年11月13日(日)13:30〜

※詳細は決定次第お知らせいたします。