Home
schedule
schedule
rijikai

mail
報告 過去の例会・大会報告
2012年5月27日(日)宮坂区民センター
第116回例会+総会
《発達障害児に学ぶ効果的レッスンアプローチ》打てば響く3つの視点〜個性を知る・理解力を知る・身体能力を知る
平成24年5月27日(日)宮坂区民センターにて第116回例会+総会が開催されました。
詳細は機関誌に掲載されます。
♪ 『We love the socks puppet theater』
つくってあそぼう靴下人形!

■講師:岡信行氏

第116回例会 は、『We love the socks puppet theater』 〜つくってあそぼう靴下人形!〜ということで、岡信行氏を招き、実技中心の講座が行われました。

実際に人形を作るということで、たくさんの教員の方々、学生さん等が集まり、会場は満員。最初は、岡氏が考案した、竹を使った手作り楽器〜バンブリーナの演奏、そして、人形を使った腹話術のパフォーマンスで、序盤から大盛況となりました。

中盤からは人形作りの講習が行われ、テーブルごとに作業開始。和やかな雰囲気の中、人形作りが進みました。

写真をクリックすると、ほかの写真もご覧になれます。


靴下一足、ペットボトル、新聞紙という、身近にある素材を使って、体から手足までを作っていきます。各々、耳の形や頭の形を工夫し、個性豊かなお人形達が誕生。イメージ通りできた方、できなかった方、それぞれでしたが、やはり自分で作った人形には、特別な愛情が湧いてきます。 後半は、完成した人形を使って、腹話術を行う上でのコツなど、発声練習からレクチャーしていただきました。
今回は、人形を使って、子ども達に語りかける〜人形を使って子ども達が表現をする〜そんな人形の魅力を、教育現場でのエピソードを交え、実践と共に楽しく教えていただきました。

■講師プロフィール

≪岡 信行≫
川崎市立小学校総括教諭。児童文化研究会常任委員。 「日本児童劇作の会」常任委員。日本パペットセラピー学会会員。幼児音楽研究会会員。 児童劇の脚本を執筆する一方で、演劇教育夏期大学等で、靴下から作るソックスパペットシアターの講師を務めながら、その教育的な効果を伝えている。

※例会終了後に、2012年度総会が行われました。
・2011年度事業報告
・2011年度収支決算報告
・2012年度事業計画案
・2012年度収支予算案
・その他
が、会員により承認されました。