Home
schedule
schedule
rijikai

mail
報告 過去の例会・大会報告
2017年11月12日(日)鈴木楽器東京支店
第138回例会
鈴木楽器東京支店内 コミュニケーションショップルームにて第138回例会が開催されました。詳細は機関誌に掲載されます。
♪ 言葉と歌の相互発達
■講師:麦谷 綾子 氏

第138回例会は、NTTコミュニケーション社の中で、長年にわたり乳児の研究を行なっている、麦谷氏を招きました。

写真をクリックすると、ほかの写真もご覧になれます。
「乳児がどのように音を聴くのか?」「どのような音、言語に興味を示すのか?」等、教育の立場からも興味深い事柄を、臨床実験で明らかにし、貴重なデータを元にわかりやすく楽しくお話いただきました。

 また、最新機器を使っての実験方法も紹介。データの中から、子どもの発達に音楽がとても重要な役割を果たすことも示され、研究者の方々の多岐にわたる基礎研究が、現場で生かされていくことを実感しました。

■講師プロフィール

麦谷 綾子
NTT コミュニケーション科学基礎研究所主任研究員。博士(学術)。
東京大学教育学部を卒業後、同大学大学院医学系研究科修士課程および同大学大学院総合文化研究科博士課程修了。専門分野は音声言語発達。
子どもたちが環境にある音声の特徴をどのように学習していくかについて「赤ちゃん実験」を用いた実証的な検討を行っている。
主な著書に『心理学研究法第4巻:発達心理学(分担執筆)』(誠信書房)、『乳幼児心理学(分担執筆)』(放送大学教育振興会)、『乳幼児心理学(分担執筆)』(放送大学教育振興会)、『乳幼児の音楽表現(分担執筆)』(中央法規出版)、『よくわかる言語発達(分担執筆)』(ミネルヴァ書房)。