Home
schedule
schedule
rijikai

mail
報告 過去の例会・大会報告
2015年11月15日(日)東京家政大学
第130回例会
平成27年11月15日(日)東京家政大学にて第130回例会が開催されました。
詳細は機関誌に掲載されます。
♪ ロバの音楽座オンガッカイ と レクチャー「ロバの音さがし」
■講師:ロバの音楽座

130回目を迎えた幼児音楽研究会例会は、ロバの音楽座のみなさんをお招きし、古楽器の音色に耳を傾けました。
写真をクリックすると、ほかの写真もご覧になれます。
一部:ロバの音楽座コンサート
第一部は子ども達も一緒にコンサートを楽しみました。
くねくね曲がったラッパのようなもの(クルムホルン)や、パイプオルガンを小さくしたような持ち歩くことができるオルガン(ポルタティーフオルガン)、バグパイプや手作りのカズー・・・摩訶不思議な楽器が舞台いっぱいに置かれ、不思議でワクワクする音楽の始まり始まり。
アコースティックで、決して大きくはない素敵な音に、新聞紙を使って奏でられる音にも、参加者みんなが、『みみをすましこころすます』時間を共有しました。

二部:レクチャー
ロバの音楽座誕生の経緯、古楽器の再現方法等、興味深いお話しを聞かせていただきました。
後半は、参加者全員が体や声を使って一緒に演奏。素朴でぬくもりのある古楽器の魅力を堪能できた例会となりました。

詳細は幼児音楽研究会機関誌に掲載されます。

■講師プロフィール

ロバの音楽座
 松本雅隆 :バグパイプ/クルムホルン/ハーディ・ガーディ/歌 他
 上野哲生 :リュート/サントゥール/サズ/歌 他
 冨田りぐま:ポルタティーフオルガン/足踏みオルガン/歌 他
 大宮まふみ:リコーダー/フルート/クルムホルン/歌 他
 長井和明 :セルパン/サックバット/歌 他

1973年 松本雅隆により中世・ルネサンス音楽を演奏する「カテリーナ古楽合奏団」結成。1982年 子どもたちに音楽の夢を運ぶべく「ロバの音楽座」結成。ロバの音楽座は古楽器や空想楽器などにより、ファンタジックな音と遊びの世界を繰り広げている。1988年 「愉快なコンサート」が厚生省中央児童福祉審議会の特別推薦文化財作品に選ばれる。1998年 「ジグの空想音楽会」が東京都優秀児童演劇選定優秀賞受賞。2004年よりNHK教育ショートアニメ「パンツぱんくろう」「からだであそぼ」「いないいないばあ」などの音楽を担当。2006年 ジブリ作品「ゲド戦記」の音楽に参加する。2009年 第3回キッズデザイン賞・創造教育デザイン部門において金賞〈経済産業大臣賞〉を受賞。2011年「らくがきブビビのコンサート」が平成23年度児童福祉文化賞推薦作品に選ばれる。