Home
schedule
schedule
rijikai

mail
報告 過去の例会・大会報告
2014年3月9日(日)鈴木楽器東京支店会議場
第123回例会
平成26年3月9日(日)鈴木楽器東京支店会議場(日本橋)にて総会および第123回例会が開催されました。詳細は機関誌に掲載されます。
♪ お話おばさんこと藤田浩子さんと
手遊びやお話であそぼう! (3)

■講師:藤田浩子 氏

一昨年の『お手玉遊び』、昨年の『手遊びとお話』ともに大好評だった“おはなしおばさん”こと藤田浩子さんを再々度お招きし、今回は、昨年出版された『このゆびとまれ』(アイ企画)の中からたくさんの遊び歌を紹介していただきました。
写真をクリックすると、ほかの写真もご覧になれます。
指を使ったいろいろな遊び、シンプルなあやとり遊びに楽しいお話をつけたものや簡単にできる手品、小さなキレを使った簡単で魅力的な遊び、輪になったり2人組になって、みんなで楽しく歌って遊べる遊び等を、たくさんたくさん紹介していただきました。

後半は、楽しみにしていたお話。
たんたんとした繰り返しのあるお話に、参加者も引き込まれ、お話の内容はもちろん、静と動、抑揚、絶妙な間・・・素晴らしい語りを聴き、改めて素話の持つ力を実感しました。

講座修了後に『このゆびとまれ』を販売しましたが、あっという間に完売。サイン会に長い列ができました。

今回の遊びの内容は、5月発行予定の機関誌に掲載されます。

■講師プロフィール

≪藤田浩子≫
1937年東京に生まれるが、疎開して福島県三春町に移り、そこで小中学生時代をわらべうたで遊び、昔話を聞いて育つ。幼児教育にたずさわって50年余り、毎年1ヵ月前後アメリカに滞在し、アメリカの子ども達に日本の昔話を聞いてもらったり、わらべうたで遊んだりということも15年続けてきた。
その他にも全国各地の幼稚園、保育園、図書館、保健所、公民館等で、若いおかあさん達にわらべうたや遊びを伝えたり、子育ての後援会なども行っている。アメリカで子どもの文化功労者に贈られる『ペガサス賞』『International Story Bridge賞』等、数々の賞を受賞している。
≪著書≫
「わらべうたあそび このゆびとーまれ」アイ企画、「絵本は育児書」アイ企画
「赤ちゃんのあやし方・育て方」一声社、「おはなしおばさんの小道具」正続 一声社
「フランと浩子おはなしの本」1〜2集 一声社 「かたれやまんば」1〜5集 藤田浩子の語りを聞く会、「かたれやまんば番外編」1〜2集 藤田浩子の語りを聞く会、 「あそべやまんば」1〜3集 むかしあそびの会
他多数