Home
schedule
schedule
rijikai

mail
報告 過去の例会・大会報告
2009年9月13日(日)東京家政大学
研究大会+第105回例会
声を遊ぶ 動きを遊ぶ  -  研究大会+例会「うたって あそぼうっ!」byケロポンズ
平成21年9月13日 東京家政大学4号館1階リズム遊戯室にて研究大会+第105回例会が開催されました。
詳しくは、幼児音楽研究会機関誌をごらんください。
写真をクリックすると、ほかの写真もご覧になれます。
♪ 研究発表

10:20 〜
ちょっと道案内 By繁下和雄



(1) 10:30〜11:00 
 児嶋輝美  「保育内容」における手遊び
(2) 11:00〜11:30
 花輪 充 「乳幼児期の劇活動を考える −劇遊びを下敷きとした 音楽劇(オペレッタ)の提案と取り組みー 」
(3) 11:30〜12:00
 福嶋省吾 「ジャック=ダルクローズの基本文献について ―『リズム・音楽・教育』の訳本を中心にして― 」
(4) 12:00〜12:30
 繁下和雄 「子守唄(眠らせ歌)の音楽構造 」

研究発表は、ベテラン陣が勢ぞろい!
貴重なお話が盛りだくさん。参加者もかつてない多人数で、とても充実したひと時となりました。

 
写真をクリックすると、ほかの写真もご覧になれます。  
♪ うたってあそぼうっ!byケロポンズ
■講師:ケロポンズ(増田裕子氏・平田明子氏)

やってきました!午後は、楽しくケロポンズ!
ケロチャンの「K」ポンちゃんの「P」を胸に、お二人の素敵な歌声とともに登場です。ケロちゃん、ポンちゃんそれぞれに楽しい遊びを披露してもらい、あっという間に会場は爆笑の渦に…
そして、ご存じミュージックパネルシアターです。息の合った二人のパネルシアターは、掛け合い漫才のよう。ケロちゃんポンちゃんが絵人形と一体化して演じているのもお二人ならではの技だと思いました。また、さりげなく歌いながら演奏している楽器も素敵な音を奏でていて、これもまた素晴らしいものでした。「猫ふんじゃった」のバリエーションでのポンちゃんの動物の鳴き声は、圧巻でした!

その後、パネルシアターでおなじみの『ねこのおいしゃさん』を絵本で紹介、パワーポイントを使いスクリーンに映しながらケロちゃんが絵本を読み、ポンちゃんがピアノを演奏して見せてくれました。

第一部、ケロポンズのコンサートは、これで終了です。
家政大附属幼稚園から観に来た子ども達はここでさようならです。1時間15分、幼児たちは大満足で帰って行きました。


写真をクリックすると、ほかの写真もご覧になれます。
さて、第2部です。
ここからは、大人の時間。ケロちゃん、ポンちゃんの学生時代から今に至るエピソードを詳しく話してくれました。
ケロポンズ結成秘話、曲はどうやって作っているかなども話してくれました。参加者からの質問コーナーでも、丁寧に答えてくれ大人参加者も大満足なひと時でした。

最後に、大学時代に作った『すてきなぼうしやさん』のパネルシアターと、最近発売された『すてきなぼうしやさん』の絵本を続けて観せていただきました。

ケロちゃん、ポンちゃん楽しい時間を本当にありがとうございました。

もっと見たい人は、是非ケロポンズのコンサートへお越しください!

■ケロポンズプロフィール
1999年6月に結成。ケロこと増田裕子とポンこと平田明子のユニット。全国各地で親子で楽しめるコンサートや保育セミナーなどを展開中。 またNHK教育「おかあさんといっしょ」や「すくすく子育て」に楽曲を提供するなど、幅広く活動。著書に「ケロポンズのあそびネタ」「うたってあそぼうケロポンズ」CDに「エビカニクス」「おにぎり」など多数。今年、結成10周年をむかえCD「プリティケロポンズ」をリリース

※ケロ・増田裕子プロフィール
東京都出身。国立音楽大学教育科、幼児教育専攻卒。
4年間の幼稚園勤務ののち、フリーに。1987年みんなのバンド「トラや帽子店」を中川ひろたか、福尾野歩と結成。キャプテンとして歌とピアノ、ミュージックパネルで全国をかけまわる。2000年、解散し、ケロポンズを結成。ソロアルバムに「らりるれろんちゃん」 「チャームポイント」(カエルちゃん)がある。また、主な著書に「増田裕子のミュージックパネル1,2」(クレヨンハウス)絵本に「えらいえらい!」「ねこのおいしゃさん」(そうえん社)「むぎちゃんのすなば」(偕成社)「かばのブッキくん」(校正出版社)

※ポン・平田明子プロフィール
広島県出身。安田女子大学児童教育学科卒。増田裕子のパネルセミナーの伴奏をしながらりんごの木こどもクラブで 5年間保育し、「歩くぬいぐるみ」として子どもたちと遊んでいた。ウクレレ、リコーダーなど様々な楽器を楽しく演奏。動物の鳴き真似は絶品。ときどき絵やおしりもかいているらしい。著書に「保育でポン!」「ポンちゃんの012歳児とふれあってあそぼう」(チャイルド本社)がある。