Home
schedule
schedule
rijikai

mail
報告 過去の例会・大会報告
2009年3月1日(日)宝仙短期大学
第103回例会
つくってみせる小さな劇場!
平成21年3月1日 宝仙短期大学にて103回例会が開催されました。
詳しくは、機関誌2009春号をご覧ください。
♪ つくってみせる小さな劇場!
■講師:黒須和清 先生
  洗足学園短期大学専任教授
  聖心専門学校非常勤講師

いつも低音の美声の黒須先生ですが、今日は喉を痛めハスキーボイス・・・。
そんな不調な状況でも、やはり見せてくれました!身近な素材で作れる人形を使って、踊って歌ってのパフォーマンス。
出てくる出てくる、100円ショップのグッズ。でもそのグッズに目を付け、鼻を付け、耳を付け、ひとたび黒須先生の魔法にかけられると、ウサギにカエルにライオンに見えてくるからアラ不思議。様々なアプローチを駆使して行う、奥の深い人形劇の技にみんな感嘆の声!!
今回は、『おたまなんのこ』『おりがみたのしいね』『ギザギザつのうちゅうじん』と、3つの楽しい製作があり、人形を作ってから、歌と動かし方を習いました。

製作中はみんな作るのに必死!
さて・・・動かすのも、けっこう技が必要!なかなか黒須先生のようにうまくできません。練習しないと子どもたちの前ではできませんね・・・・頑張ろう!!!
写真をクリックすると、ほかの写真もご覧になれます。

『演じ手と子ども達の間に人形があれば、人形劇は成立』とおっしゃる黒須先生が教えてくださったお人形達は、シンプルだけれど、観る人のイマジネーションにをかき立ててくれる素敵なものばかりでした。

みんな、作ったお土産を持って、笑顔で帰っていきました。
黒須先生、楽しい時間と素敵なお人形をありがとうございました。

写真をクリックすると、ほかの写真もご覧になれます。